平成元年卒 ガンガン会のみなさんへ

平成元年卒 ガンガン会のみなさん

いよいよ我々ガンガン会が幹事を担当する『2018年修猷館同窓会総会』まで1年と少しとなりました。

『何で実行委員長を引き受けたの?』といろんな人に聞かれます。

今思えば、きっかけは、同級生の梶栗君からの数年前の真夜中の電話だったように思います。当時、梶栗君はお父様を亡くされ帰福中でした。「いつも同窓会の幹事をやってくれてありがとう。俺も人のためにがんばってみる。」と寝ぼけた私に意思表明をして、電話は切れました。何のことやらと思っていたら、彼は東京修猷会の実行委員長を見事に務めあげました。

私事ですが、2年前に父を亡くし、直後に自分も少し体調を崩した時がありました。その時に何故か梶栗君の言葉を思い出したのです。

『人のためにがんばってみよう。自分にできることを精一杯やってみよう』

そんな思いで実行委員長に立候補しました。

高校を卒業してもうすぐ30年、縁あって同じ六光星のもとに集まり、3年間を過ごした仲間です。“出会うだけでも奇跡だ”と誰かが言っていました。

今はそれぞれの忙しい毎日がありますが、もう一度みんなでひとつの目標に向かって歩いてみませんか?かかわり方はどんな形でもいいと思います。
きっといつもの毎日に、少し違う時間がプラスされると思いますよ。

『 修猷はひとつ - つながるキセキ ― 』

みんなで2018年修猷館同窓会総会を成功させましょう!

                          2017年 5月
実行委員長 王丸 寛美